支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/  生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

MENU

毒親育ちの解毒方法

悩みは、自分を見つける為の手段 ~毒親育ちの私は気持ちを抑え込んでいた~

自分の本当の気持ちを知る。これはどんな悩みと向き合う時も必要な作業になります。

毒親の相談は必ずプロに

毒親を本気で乗り越えたいなら、プロのカウンセリングを受けた方が良いです。私を救ってくれたのは、プロのカウンセラーさんでした。

毒親と本気で絶縁したい人へ

毒親と本気で離れたいのであれば、「適度な距離」なんて中途半端な事はやめましょう。

毒親育ち必見。自分の気持ちに嘘をつくと、大きな代償を払うことになる。

過去に後悔が多いという事は、自分の気持ちに嘘をつく事が多かったのかもしれません。

毒親育ちが言われる「育ててくれた親なんだから・・・」に折り合いをつけてみた

「自分の親は毒親だ」と言うと「育ててくれた親なんだから・・・」という返事が必ず返ってきます。毒親育ちの苦しみの一つです。それに折り合いをつける為に書きました。

反芻思考(ぐるぐる思考)のやめ方 ~過去の嫌な出来事ばかり思い出す~

私は約15年間反芻思考に悩まされました。 最近かなり改善したので、方法を書きました。

「毒親に今までの事を謝罪してほしい」と全く思わなくなった話。

私は長年、「毒親に今までの事を謝って欲しい」と思い続けてきました。でも、今では全く思わなくなりました。

毒親と絶縁して自己肯定感が高まった話。

毒親との絶縁は勇気が要りましたが、価値観が大きく変わりました。

毒親育ちの私が語る“生きづらさ解消法”

私自身、最近どんどん生きづらさが解消されてきたので解消法を紹介します。

~毒親育ちあるある~ 服従癖が抜けない。相手はいつの間に“親”から“他人“に。

他人に邪魔されている…そう感じていました。その原因は家庭環境でついた服従癖でした。

毒親育ち・アダルトチルドレン必見!悩みは紙に書くべし

悩みは紙に書いてやっと前に進みます。頭で考えているだけでは絶対に解決しない。

アダルトチルドレンが「恐怖心」と付き合う方法

恐怖心のコントロール方法についてカウンセリングを受けました。

今更、毒親にしがみつく理由ある?

今更、毒親にしがみつくメリットなんて無いんです。

生きづらさの原因。毒親に植え付けられた恐怖

私は親が怖くて、全部言う事を聞くしかなかったのです。その恐怖心は大人になっても消えませんでした。

毒親育ちはなぜ生きづらいのか

毒親育ちがどうして生きづらいのか。それは、過酷な家庭環境で身についた癖が残っているから。

アダルトチルドレンにとって頑固は最大の武器

私は頑固である事が、解毒をするにあたって1番の武器でした。

毒親育ちあるある。周りに理解されなくて、余計に傷つく

今回は毒親育ちあるあるのド定番の話をします。

心療内科は自分に合わなかった

私個人的に心療内科は合わなかったです。その理由を書きました。

毒親育ちが前に進む為に、自覚しないといけない事

毒親育ちは自覚しないといけない事があります。それに気づかないと前に進む事が出来ません。

毒親と絶縁する勇気が欲しい時に読む記事

毒親育ちが、絶縁する勇気を持てる考え方を書いています。

毒親と絶縁するなら親戚も一緒にすべき

毒親・毒家族と絶縁するなら親戚もしてしまいなさい。 中途半端に繋がっていたら全く意味がないからです。

毒親が言う「あなたの為に」という言葉に騙されてはいけない

毒親はよく「あなたの為に」という言葉を使います。 結論から言うと、全く気にしなくていいです。 あなたをコントロールしたいが為の常套句です。

自分の親が“毒親“だと確信したい時に読む記事

毒親から大量に浴びせられた毒を解毒する為には、まず自分の親が“毒親”だと確信しないと前に進めません。 ただ、それが本当に難しい。 私がどうやって“毒親”と確信したかお話します。

毒親育ちあるある。自分で決められない・自信がない理由とは

私は自分で物事を決めるのが苦手です。 もっと正確に言うと 誰かに「それで良いと思うよ」と言ってもらえないと決断出来ないのです。 私の中で答えは決まっているのに 何故他人に判断を委ねてしまうのか。 原因は家庭環境にありました。

毒親育ちが近づいてはいけない人

親に支配されて育った毒親育ちが、解毒する過程でどんな人と関わっていくかはかなり重要です。 間違っても、親と同じような干渉したり支配しようとする人に関わってはいけません。 自分の視野を広げてくれる人とお付き合いすれば良いんです。

生きやすい人に学ぶ!毒親育ち特有の生きづらさ解消法。

毒親育ち特有の生きづらさ…。 どうやって解消すればいいのか? “生きやすい人”と何が違うのか? それは“生きやすい人”の育てられ方にヒントが隠れています。