支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

脱会は意外と呆気ない ~毒親は新興宗教の信者~

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

 

f:id:umeno_iyori:20210603184736p:plain

 

 

私はある新興宗教の3世です。

 

生後1カ月で入会。

 

脱会するまでの30年間、活動をしてきました。

 

 

“新興宗教〇世“って本当に辛いんですよね・・・。

 

出来れば一日も早く抜けたい・・・そう思う方も多いのではないでしょうか。

 

 

Twitterなどでよく見る「でも一度入会すると脱会出来ないのでは?」「私は一生信者なのか?」という言葉。

 

 

 

いえ!脱会は意外と簡単に出来ます!!!

 

脱会を望むなら「出来ない」と思い込んでいるのは勿体ないです。

 

 

 

親を悲しませたくないから親が亡くなってから脱会する、という方もいると思いますが、うちは毒親なのでその辺はどうでも良かったです。

 

時期を決め、即実行しました!!

 

 

 

 

宗教によって脱会方法は違うと思いますが、よくある方法としては

 

①同じ組織の直属の幹部・先輩に脱会を伝え、手続きをしてもらう

 

②本部に脱会届を出す

 

この辺が多いと思います。

 

 

 

そもそも完全に脱会出来るのか??

 

・・・それは分かりません。

 

脱会の手続きをしても、組織に名前が残る可能性は高いです。

 

 

そこまで完全に抹消してもらうとなると、大変です。

 

脱会の意思表示をして、後は宗教側に任せるしかないのが現実です。

 

正直、完全にスッキリする事はないかもしれません。

 

 

 

ただ、「自分は脱会済みだ」ときちんと主張でき、宗教側からの接触が一切なければ、それでOKかなと思います。

 

 

 

 

 

先程書いた代表的な脱会方法ですが

 

①同じ組織の直属の幹部・先輩に脱会を伝え、手続きをしてもらう

 

②本部に脱会届を出す

 

 

これは、絶対に②をお勧めします!!!

 

 

何故なら①だと絶対に脱会させて貰えません。

 

「もう私、脱会します」そんな言葉で宗教側が納得してくれる訳がありません。

 

めちゃくちゃ説得してきます。

 

 

その分、今までよりも必要以上に関わってくると思います。

 

余計に鬱陶しい事になりますよ。

 

 

 

もし「分かりました。脱会の手続きをしておきます」そう言ってくれても、してくれない可能性が高いですね。

 

新規の信者を増やせ!と躍起になっている宗教が、貴重な信者を手放して数を減らす訳ないですから。

 

 

 

それでもきちんと手続きをしてくれる組織もあると思いますが、私は全然信用出来なかったので②本部に脱会届を出すを選びました。

 

 

 

これなら確実です。

 

内容証明で郵送しました。

 

 

 

脱会届のお手本はネットに沢山あります。

 

形式なんて気にする必要ないですが、私は

 

・脱会の意思がある

・今後一切組織とは関わらない

・この脱会届をもって脱会するので、組織側から「脱会手続きの為に面談したい・署名をお願いしたい」などという言葉には一切応じない

・もし今後信者が張り込み・付きまとい・個人情報の流出をした場合、警察への通報や法的手続きを取る

・直属の組織からの脱会の確認は、訪問ではなく電話で受ける

・拝む対象のモノは既に匿名でそちらに返還済である

 

こんな事を書きました。

 

 

 

とにかく自分が所属している組織をすっ飛ばして、本部で手続きを完了させるのが大事です。

 

「間違いなく本人が脱会届を出したのか」という最終確認は直属の組織から来るので、仕方ないですが。

 

 

 

 

本当か分かりませんが、最近は脱会がとても多いので本部側から説得される事はなく、義務的に手続きをしてもらえるらしいです。

 

実際私も本部に問い合わせましたが「こちらに脱会届を送って下さい」の一言で終わりでした。

 

 

 

 

問題は自分が所属している組織ですね。

 

だから事後報告で良いと思います。

 

「脱会しました」で良いのです。

 

 

 

 

私の場合、脱会届を郵送した直後に、ちょうど組織の人から別件で連絡があったので「もう脱会しました」と伝えました。

 

組織の人はもう打つ手がないので、何も言われませんでした。

 

 

その2・3週間後には、組織の人から「本部から連絡があり、正式に脱会手続きが完了したそうです」と報告がありました。

 

 

 

 

「親御さんには脱会を伝えていますか?」と最後に質問されましたが、もう伝えていたので(メールをして返事はなかったですが)「はい」と言いました。

 

ここで、「していません」と言うとまた面倒な事になりそうです・・・。

 

 

 

 

これで終わり!!

 

脱会届を作成→内容証明で郵送など事務的な事は面倒ですが、それさえ超えれば呆気ないものです。

 

 

 

「何を言われても絶対に脱会する!」その意思が大事かと思います。

 

 

 

私の場合、最後に所属した組織には1年程しかいなく、全く活動もしておらず組織の人と面識すら無かったので、とてもスムーズでした。

 

これがバリバリ活動していた時の組織なら、かなり周りからの説得があったと思います。

 

親と離れて暮らしていたので、その辺の弊害もありませんでした。

 

 

 

それでも連絡先は宗教側に残っていると思うので、携帯の電話番号も変えました。

 

住所も既に組織に登録されていた所には住んでいなかったので(脱会届はその住所で出した)問題なく、宗教側が持っている個人情報は無意味に出来ました。

 

 

 

 

あくまで私の話なので、どこまで参考になるか分かりませんが

 

世間的には、宗教側からの圧力なのか「一度入会したら脱会出来ない」という情報が多いので、そうじゃないよ!という事をお伝えしたいです。

 

 

 

 

最後に・・・

 

“脱会の意思表示が大変で面倒な事になりそうなら、もう放置しておく。“

 

それも良いと思います。

 

 

 

ただ、私はやはり脱会したかったです。

 

上記の通り、脱会手続きをしたからといって完全に脱会出来ているのかは分かりません。

 

名前が残っている可能性も高いでしょう。

 

 

それでも、出来る事はしてスッキリしたかったというのが本音です。

 

また、毒親への復讐にもなったかと思います。

 

 

 

「もう世間で嫌われまくっている宗教の一員でいたくない」

 

縛られた枠から出たかった。

 

自由な無宗教になりたかった。

 

 

そんな気持ちでした。

 

 

 

きちんと手続きをするも良し。もう無視して気にしないのも良し。

 

最後は自分がどこまでしたいかだと思います。