支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

MENU

毒親育ちあるある。自分で決められない・自信がない理由とは

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

 

f:id:umeno_iyori:20200706152248p:plain



 

私は自分で物事を決めるのが苦手です。(今は少しずつ改善中)

 

正確に言うと、「こうしたい」というのは頭にぼんやり思い浮かぶのですが

貫くのが苦手です。

 

 

もっと正確に言うと

 

誰かに「それで良いと思うよ」と言ってもらえないと決断出来ないのです。

 

 

 

 

なので、他人に相談します。

「私、こうしようと思うんだけど、どう思う??」

相手から「うん、大丈夫だよ」「良いと思うよ」

 

そう言ってもらわないと決心出来ないのです。

 

 

 

 

恥ずかしながら…

バイトのシフト希望も自分で決められない。

 

そんな小さな事から、

 

会社を辞めようか。

こんな仕事をしようか。

彼氏と別れようか。

 

そんな大事な事まで他人に意見を求めるのです。

もはや「1つの意見として聞きたい」レベルではなく、(その時は自分でも、そう思い込んでいましたが)

 

完全に判断を委ねているのです。

 

相手から「良いと思うよ」

そう返事をもらった時は良かったのですが

 

反対された時、

「なんで分かってくれないんだ!」

「私はこうした方が良いと思っているのに何故反対するんだ!」

 

自分勝手すぎますが(笑)そう思ってしまうんです。

勝手に相談して、思い通りの答えを得られないと怒るんですからまぁ~最悪ですよね。

 

相談するくせに言う事を聞かない女だったワケです。

 

私の中で答えは決まっているのに

何故他人に判断を委ねてしまうのか。

 

 

カウンセリングを受けてその答えが分かりました。

原因は家庭環境にありました。

 

 

過干渉な親は何もかも決めてしまい、私は親の課したノルマをこなす人生を歩んできました。

 

中学受験も、習い事も宗教まで親が決め、

親に怒られるのが怖かった私は全部親の言う通りにしたのです。

 

「しんどい」の一言も言わせてもらえないまま、ずっとずっと我慢してきました。

 

それが当たり前だったのです。

 

その癖がいつの間にか染み付いてしまったのでしょう。

 

親に「良いと思うよ」そう言ってもらえないと決めれなかった。

 

 

健全な家の子なら、子供の頃から

自分で決める→成功する→自信が付く

自分で決める→失敗する→やり直す→成功する→自信がつく

 

こういう風に自分で決める事を学び、自信を付けていくのでしょう。

 

 

でも私は

自分の意見に自信なんて持てなかった。

親の意見と違っていたら怒られるから…。

 

親の言う事を聞く。親に言われた事は全部こなす。

そうしないと怒られるから。

 

親と同じ考えでないといけない。

否定されて傷つくから。

 

そんな私が大人になって

いつの間にか他人を親と見立てて、他人に確認していたんです。

 

 

自分の考えは、かろうじて持つことは出来たけど、(元々は我が強いらしい)

それを貫くなんて出来なかったんです。

 

 

自分の意見に自信がない。

人に認められて初めて自分の意見が正しいと思う事が出来る。所謂“他人軸”ですね。

 

 

昔に染み付いたルールに大人になってからも縛られていたのです。