支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

毒親の子供に生まれる人生。

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

 

f:id:umeno_iyori:20210326142357p:plain

 

 

私は、教育虐待と新興宗教の強要を受けて育ちました。

 

自由を許されず、私はいつも親の操り人形でした。

 

 

カウンセラーさんが絶句する程の毒親ですが、今も後遺症と戦っています。

 

 

 

 

「親は親で大変だったんだ」

「今なら親の気持ちも分かる」

 

親で苦労された方が、そうおっしゃるのを聞きます。

 

 

 

ただ、私にはどうしてもこの言葉で片付ける事が出来ません。

 

もちろん、少しは思います。

 

親に感謝している部分もあります。

 

でも、やはり許せない気持ちが大きいのです。

 

 

 

 

 

・・・どうして、こんな親の元に生まれたのか。

 

・・・世の中の殆どの人が良い親に恵まれているのに。

 

この気持ちは消えません。

 

 

 

 

 

でも、最近はこう思うのです。

 

 

まぁ、これもこれで人生かな、と。

 

 

 

良い親に恵まれるのも人生。

 

親に恵まれないのも、それはそれで人生。

 

 

 

 

良い親の元に生まれて、幸せに暮らす。

 

「親が大好き」と心から言える。

 

親が年を取ったら面倒を見てあげて、亡くなった時は泣き腫らす。

 

亡くなってからも、ずっと親を思い出す。

 

 

それも人生。

 

 

 

 

 

 

親に恵まれなくて、辛い子供時代。

 

大人になって、そんな親から逃げだす。

 

年老いた親の面倒も知ったこっちゃない。

 

死んでも泣く事もない。

 

 

人生の前半は苦労したけど、後半はなんだかんだ気楽。

 

自分の事だけ考えていればいい。

 

 

これも人生。

 

 

 

 

 

私は後者になりますが、自分らしい人生かもしれません。

 

若い時の時間を売って、おばさんになってからの時間を買った。

 

 

もうこの先、自分の幸せだけを考えればいい。

 

 

 

「親の死」という人生最大の悲しみも、私にはない。

 

今更、親の愛情なんて要らない。

 

だから期待する事もない。

 

気楽なモノです。

 

 

 

 

何事も、メリットにはデメリットがついてくる。

 

逆もまた然り。

 

愛する親がいないという事は、いなくなって悲しい親がいないという事。

 

どんなに大事なモノも、持っていない気楽さもある。

 

 

 

 

今でも親が憎いのは変わりません。

 

でも何日かに1度こういう風に考えれるようになって、少し気が楽になりました。