支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/  生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

毒親育ちが前に進む為に、自覚しないといけない事

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

 

f:id:umeno_iyori:20200713092915p:plain

 

 

私含め、毒親育ちは絶対に自覚しないといけない事があります。

 

 

 

それは「自分にはまともな親は永遠に手に入らない」という事。

 

 

 

分かってるよ!!って思うかもしれませんが、心の奥底では認める事が出来ていなかったりします。

 

 

残酷ですが、夢のような愛情溢れる親は絶対に手に入りません。

 

一生です。

 

 

 

本当に悲しい事だと思います。

なんだかんだ殆どの人は手に入っているのですから。

 

しかも努力をした訳でもない。

たまたま運が良くて、良い家庭に恵まれただけ。

 

 

 

 

 

毒親育ちの自分は運が悪かったんです。

 

何故こんな分かりきった事実を念押しするのか?

 

この事実を認めない限り、親への執着が無くならないからです。

 

 

 

温かい家庭が欲しい。

 

でも自分の親はあの人達しかいない。

代わりに親になってくれる人もいない。

 

 

 

だからいつか親が変わってくれる事を望んでしまう。

今度こそ、今度こそ…と、歩み寄ってまた傷つけられる。

 

 

私も、自分の親は何かおかしい、毒親だ。

そう気づいてからもなかなか離れられませんでした。

 

 

 

今思えば、あの親だから執着していたのではなく、「家族」というものに執着していたのかもしれません。

 

 

そんな執着を捨てた今は、自分の人生に前向きになれています。

 

 

 

 

ハッキリ言います。

 

毒親は絶対に変わりません。

あなたが望む普通の親にはなりません。

 

だから、さっさと諦めてしまった方が良い。

 

 

 

 

その代わり

信頼出来る友達を作る!

大好きなパートナーを作る!

尊敬出来る人を作る!

大好きな仕事をする!

 

 

その方が、よっぽど建設的です。

 

さっさと「親」を諦めましょう。

傷つきながら、幻想を追いかけるのは辞めましょう。