支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/  生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

私が毒親に服従した理由。

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

 

f:id:umeno_iyori:20210209211054p:plain

 

 

 

私は、教育虐待と宗教の強要を受けて育ちました。

 

 

 

 

 

ずっと親の言いなりで、反抗期もなし。

 

 

 

自分の気持ちを押し殺して、親に服従する。

 

それが当たり前でした。

 

 

 

 

「なんでそんなに親の言いなりなの?」

「きちんと自分の意見を言えばいいのに。」

「普通に話し合えばいいのに。」

 

散々言われてきました。

 

 

でも無理なのです。

 

 

 

“やってみないと分からない。”

 

確かに世の中の大概の事はそうだと思います。

 

でも、親だけは無理なのです。

 

 

 

 

とにかく、怒られるのが怖い。

 

うちの親は自分の価値観以外は絶対に認めず、言う事を聞かせる為に怒鳴り散らすのです。

 

それが幼い私には、怖くて・・・

 

 

 

“少し大きくなれば(中学・高校くらい)、怒鳴っている親を冷静に見れるのでは?“

 

 

・・・残念ながら見れませんでした。

 

それどころか、大人になっても親にビクビクしていました。

 

 

 

 

 

玄関で音がすると、心臓が飛び上がる。

 

TVを観ていると、「怒られる」と反射的に思ってしまう。

 

親から着信があるだけで、動悸が止まらない。

 

 

 

これらは、アラサーになっても続きました。

 

 

 

 

もう体に染みついているのです。

 

とにかく親が怖い。

 

怒鳴られないか。

 

怒られないか。

 

 

 

 

絶対に怒らせてはいけない。

 

間違ってはいけない。

 

 

 

そう思っていました。

 

親子喧嘩なんて、一度もした事がありません。

 

 

 

親が主、私が従。

 

これが絶対なのです。

 

 

こんなの、普通の家庭で育った方には想像も出来ないでしょう。

 

 

 

 

そして、そんな異常な親子関係にも慣れていきました。

 

全てを諦めるようになるのです。

 

 

 

話しても無駄。

 

しんどいだけ。

 

反対されたら、傷つく。

 

自分の人間性に対してまで、ごちゃごちゃ言われる。

 

 

 

 

 

そして、もし1つの事を分かってくれたとしても

 

また別の事を求められるかもしれない。

 

例「〇〇(習い事)は辞めていいから、その代わり△△を習いなさい」

 

 

 

そして、それも出来なかったら

 

「お前は何も続かない」と言われそうで。

 

⇧実際にあった事です。

 

 

 

 

向こうが権力を握っている時点で、最後はねじ伏せられる。

 

だから、頑張るだけ余計にしんどいのです。

 

 

 

結局、服従しているのが一番楽なのです。

 

親をチェンジしない限り、同じなのです。

 

 

 

 

そうやって、自分の心は死んでいきました。

 

そして、それが大きな後遺症に繋がりました。