支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

死産した双子の兄 ~毒親の元に生まれた私~

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

f:id:umeno_iyori:20210713184235p:plain

 

※今回はかなり賛否両論ある内容です。

不快にさせてしまったら、すみません。

 

でも私の本音を書きます。

 

 

 

 

私は、教育虐待と新興宗教の強要を受けて育ちました。

 

典型的な過干渉型毒親に育てられた日々は、まさに地獄でした。

 

 

 

 

私の上には双子の兄がいたそうです。

 

2人も死産でした。

 

そして私自身、母体にいる時に「残念ですが、今回もダメだと思って下さい」と言われていたようです。

 

 

 

母親は「この子が助かるように」と、自身が信じてやまない宗教のお祈りを必死にしていたそう。

 

無事に生まれた私。

 

でも、それが地獄の始まりでした。

 

 

 

 

変な言い方ですが、私は兄2人が羨ましいのです。

 

こんな家に生まれなくて・・・逃げる事が出来て・・・。

 

 

どうして私は逃げれなかったのだろう・・・。

 

 

 

 

別の運命にはならなかったのか。

 

もし兄2人が無事生まれていたら、親が3人目を望まず私はこの家に生まれなかったかもしれない。

 

他の家に生まれていたのかもしれない。

 

 

 

 

生まれてこれなかった子供は、可哀想だとは限らない。

 

他の幸せな家の子になれるチャンスがあるのです。

 

 

私はその機会を奪われた。

 

「産んでやった」なんて言われたくない。

 

こっちからしたら「幸せな家庭の子供に生まれるチャンスを奪われた」のです。 

 

 

 

 

母親には感謝の気持ちもあります。

 

死産は想像を絶するくらい辛かっただろうし、その辛さを乗り越えての妊活・出産も大変だったでしょう。

 

 

 

それでも、私はこの家に生まれたくなかった。

 

他の親が良かった。

 

 

 

今でも、赤ん坊だった私をあの親が抱っこしている姿を想像するだけでゾッとします。

 

どうしてこんなハズレくじ(親)を引いたのか・・・今でも理不尽な気持ちです。

 

 

 

 

この先の人生が素晴らしいモノになれば、少しは「産んでくれてありがとう」という気持ちになるのでしょうか?

 

今はまだ恨みの方が強いです。

 

 

 

 

⇩毒親の元に生まれた私が経験した地獄