支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

珍しく反抗した日 ~毒親育ちには反抗期がない~

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

f:id:umeno_iyori:20210618112749p:plain

 

 

毒親育ちには反抗期がない、とよく言われますが、私もそうでした。

 

 

父親→すぐに怒鳴り散らす

祖父→すぐに怒鳴り散らす

祖母→何かあったら父親か祖父に報告して、怒鳴り散らしてもらう

(母は他界していましたが、同じような感じ)

 

こんな環境で、反抗なんて出来る訳がないのです。

 

 

「また怒鳴られたら怖い」という気持ちと、「怒らせたら面倒」という気持ち両方でした。

 

反抗どころか、自分の意見すら言えた事がありません。

 

何もかも親に従う生活をしていました。

 

 

 

そんな私が、珍しく反抗した事があるのです。

 

祖母に対してでした。

 

 

 

私は幼少期~大学受験が終わるまで、父親から教育虐待を受けていました。

 

友達と遊ぶ事も出来ず、いつも勉強していました。

 

そんな異常な状況にも、同居していた祖父母は見て見ぬふり。

 

 

 

 

 

高校3年生の時でした。

 

志望校も決まり、受験に向けて追い込みをかけていたのです。

 

 

何気なく会話している時に、祖母が

 

「〇〇大学なんて行ける訳ないやろ」と言ったのです。

 

 

 

私は頭に血が上りました。

 

私はずっと勉強を頑張ってきた。

 

幼少期から週6の習い事にも耐えてきたし、中学受験も頑張った。

 

 

楽しい青春時代なんて投げ捨てて、全部親の望むように耐えてきたのに。

 

何よりもそんな異常な英才教育を黙認してきた祖母に、言われたくなかったのです。

 

 

 

 

私はそれから数日、祖母を無視しました。

 

話しかけられても最低限のYES・NOを言うだけ。

 

一切会話をしませんでした。

 

 

 

そんな私の態度に祖母は限界がきたのか、数日親戚の家に泊まりに行ったようです。

 

弟からは「ばあちゃんが、悲しんでる」と責められました。

 

 

祖母は自分に都合が悪くなったら周りに泣きつく、そして周りから私が責められる・・・いつものパターンです。

 

どうせ本人に責め立てても「そんなつもりで言ってない」というお決まりの言葉が返ってくるだけ。話す価値もないのです。

 

 

 

その時は本当に腹が立って、感情を露わにしました。

 

祖母は何故あんな事を言ったのか。

 

まぁ性格がおかしいからでしょうけど。

 

 

 

私の反抗期は、その数日くらい。(反抗期と言えるのかも謎ですが)

 

親のエゴを押し付けた上に頑張っているのを否定するなんて、本当にうちの家族は頭の中どうなっているのでしょうね・・・?

 

親である前に人間性を疑います。

 

この祖母なら、あんな父親を育て上げたのが納得出来ます。