支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

反抗期が無かった毒親育ちの私が、親の反対を押し切って一人暮らしを決めた話。

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

 

f:id:umeno_iyori:20210208205605p:plain

 

 

 

私は、教育虐待と宗教の強要を受けて育ちました。

 

 

 

 

私はいつも親の言いなりでした。

 

親は自分の価値観以外は認めず、自分優先の人でした。

 

習い事・進路・宗教・・・何もかも決められました。

 

 

 

 

自分の意見なんて聞いてもらった事がない。

 

服従が当たり前だと思っていました。

 

“自由”なんてワガママだと。

 

私はただの奴隷でした。

 

 

 

 

そんな私には反抗期なんてありませんでした。

 

良い子だったからではありません。

 

親が怖くて、自分で抑え込んだのだと思います。

 

 

 

 

そんな私が親の言う事を聞かずに、決めた事があります。

 

それが、一人暮らしでした。

 

 

 

きっかけは親の一言。

 

「会社を辞めるなら出て行け」

 

仕事がしんどくて、辞めたいと言った時の言葉です。

 

 

 

 

私は「これで会社を辞めれる!!」(親にはずっと辞めるなと言われ続けていました)

 

そう思うのと同時に

 

「一人暮らし」という言葉にビビッときたのです。

 

 

会社を辞めるという一時的な解放だけではなく、もっと大きな・・・もっと自分の人生に関わるような・・・そんな大事のように感じたのです。

 

 

 

 

「会社を辞めるなら出て行け」そう言った親も、いざ私が「一人暮らしをする」と言うと大反対しました。

 

 

「このまま実家にいて、宗教を頑張って良い結婚をした方が良い」と。

 

もう押し付けが多すぎてツッコミも出来ません(笑)

 

 

それでも従わない私に「嫌なら、今すぐ出て行け」と怒鳴る事も。

 

 

 

 

 

いつもの私なら、親に従った。

 

だって、ずっとそうしてきたから。

 

 

 

でも、この時の私は違いました。

 

絶対に一人暮らしする!

 

そして順調に準備を進めていったのです。

 

 

 

 

 

しかし・・・

 

一人暮らし直前に仕事のストレスで病気になり、そのまま休職。

 

それでも体調が戻ったら、絶対に家を出るつもりでした。

 

 

 

親には更に大反対されましたが。

 

 

 

休職中に、私は実家を出たいと思う気持ちが強くなっていたのです。

 

 

 

病気になった時の家族の態度。

 

本来なら支えてくれるはずの家族が、私には敵に感じました。

 

「いつまで寝てるんだ」

「お前はいつも人のせい」

「だいたい、一人暮らしなんてお父さんを裏切るような事をして」

 

と責め立てられました。

 

 

 

気遣ってくれるどころか、余計に苦しめられました。

 

これが「自分の親はおかしくないか?」と思うきっかけになりました。

 

 

 

 

気付いたのです。

 

仕事のストレスが追い打ちをかけただけで、昔からの家庭内でのストレスが溜まりまくっていたのです。

 

 

 

いつだって、家族は私を苦しめる存在だったと。

 

そんな人達が、病気になった私を気遣ってくれる訳がなかったのです。

 

“毒”は“薬“にはならないのです。

 

 

 

私にとっては、何よりも家族がストレス。

 

 

一人暮らしを始めて家族から離れる・そして仕事を辞める事が、私にとって何よりの治療だったのです。

 

ストレスの元凶と、上に被さったストレスを取り除くのです。

 

 

 

 

結局、最後まで反抗して私は一人暮らしを実行。

 

仕事も半年後に辞めました。

 

 

 

 

一人暮らしを始めてからは、親の事が客観的に見れるようになりました。

 

やっぱり異常だな、と。

 

 

その頃には、「毒親」という言葉にも出会いました。

 

 

 

 

一人暮らしをしていなかったら・・・

 

あの時、勇気を出して自分を貫かなかったら・・・

 

 

 

今も家族と関わっていたと思います。

 

自分の中にある違和感も飲み込んでいたと思います。

 

 

 

 

毒親に強要された宗教もまだしていたと思います。

 

親が決めた結婚相手(きっと同じ宗教の人)と結婚していたかもしれません。

 

 

 

そして親が弱ってきたら、お世話をしていたでしょう。

 

一生、毒親の餌食になる所でした。

 

 

 

 

今になると、あの時実家を出て本当に良かった。

 

 

 

一人暮らしは一時的な解放ではありません。

 

毒親と離れる事で、未来がガランと変わるのです。

 

 

 

毒親は、名の通り“毒”なのです。

 

毒は突発的なモノではありません。

 

一度かかったら、自身の心を侵食し続けます。

 

心が殺されていくのです。

 

 

 

 

解毒するのは大変です。

 

毒を浴び続けた時間が長いほど、時間も労力もかかります。

 

 

 

 

もしあなたが「実家を出たい」そう思うのであれば、絶対に実行すべき。

 

あなたの心の叫びなのです。

 

最後の力を振り絞って、叫んでいるのかもしれません。

 

 

 

一人暮らしは親に対する最初の反抗でした。

 

その後、絶縁という最大の反抗をしましたが。

 

 

 

 

この記事が、一人暮らしを考えている方の助けになれば嬉しいです。 

 

 

 

⇩こちらの記事も参考にして下さい。