支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

【嫌いだからどうでもいい】コロナ禍で感じた毒親のメリット

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

f:id:umeno_iyori:20210702170059p:plain

 

私は過干渉型毒親に育てられました。

 

今は絶縁済み。

 

毒親と離れて数年、心に余裕が出てきたのか「毒親だからこそのメリットがあるのでは?」と考えれるようになりました。

 

1年数カ月コロナで大変な時期が続いていますが、この状況で毒親のメリットを感じています。

 

 

 

親が感染しないか心配する

親が死なないか心配する

感染したら後遺症は残らないか心配する

 

亡くなった場合、葬式も最低限しか出来ない

遺体と対面出来ず、骨になってからじゃないと会えない

 

今は、とにかく平常時と同じ事が出来ません(※詳しくないので間違っていたらすみません)

 


もし大好きな親なら、ノイローゼになると思います。

 

 

 

でも私には大好きな親はいません。

感染しようが亡くなろうが

平常時の見送りが出来なくても

だから?という感じです。

 

コロナ関係なく見送りなんて絶対にしませんが。

そもそも、死んだ報告も要りません。

 

どうでも良いのです。

 

 

 

それどころか

げ??!骨残すの?

残さなくても良いんだけど・・・

 

というのが私の本音です。

これもコロナ禍に関係なく思う事ですが。

 

 

 

 

いつもにも増して毒舌ですが、まぁここまで嫌っていたら楽ですよ。


心配する親がいない。

死んで悲しい親がいない。

 

 

好きだったら辛い事でも、嫌いだからどうでもいい。

「嫌い」って最強です。

 

私はコロナが終わっても、これからもこうやって気楽に生きていけるでしょう。

 

 

 

毒親育ちで良かったとは絶対に言いませんが、何事もメリット・デメリットがあるのです。

 

これからはメリットの方が圧倒的に多そうです。