支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

【毒親育ちの後遺症】 断るのが苦手

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

f:id:umeno_iyori:20210615155513p:plain

 

 

毒親育ちって生きづらいですよね~(このブログで何回書いただろ、笑)

 

社会に出ると痛感します。

 

 

前回こんな記事を書きました。

 

 

自分を押し殺し、親に服従し続けてきた私は、

 

相手に命令・指示されたら従わないといけない。

 

そして、どれだけしんどくても我慢しないといけない。

 

こんな思考になっていました。

 

 

相手は親だけにとどまらず、他人さんにもそうすべきだと無意識に思い込んでいました。

 

 

 

そのためか、仕事でも

 

・シフトを自分で決められず、押し切られてしまう

・振られた仕事を断れない

・理不尽な扱いにも我慢してしまう

 

YESマンで、都合の良い従業員でした。

 

 

 

自分で物事を決められない→自己主張が出来ない(Noが言えない)→会社側の都合にばかり合わせるので、良いように使われてしまう→我慢が限界になった時に爆発してその場で辞める

 

 

こんな負のループに気付いた時、こう決意しました。

 

これからは、きちんと断ろう!!!

 

 

もちろん仕事だから、好き勝手して良い訳ではない。

 

でも、最低限の自分の権利は主張したい!!!

 

二度と都合の良い人間にはなりたくない。

 

 

 

シフトは自分で決めるし、仕事がキャパオーバーになったらきちんと断る、理不尽な事をされたらちゃんと物申す!!度が過ぎていたら辞めるのもアリ!!!!

 

 

 

 

 

・・・ですが、私は上手くやれませんでした。

 

 

 

ある日、仕事で「あともう1時間残業してくれない?」そう言われたのです。

 

普段なら全然OKだったのですが、その日は既に長時間働いており、断りたかったのです。

 

 

 

その時に私はとんでもない態度を取ってしまいました。

 

露骨に不機嫌になり、噛みつくように「どうして私なんですか??!」と反論したのです。

 

その仕事は私じゃなくても出来るのに、みんな帰っているのに・・・

 

そんな思いからでした。

 

 

 

 

「いや・・・別に無理なら無理で良いんだけど・・・出来るかなって思っただけだから」

 

そう言われても、暫くイライラしていました。

 

 

 

私の中で何が起こったのか。

 

「あともう1時間残業してくれない?」→「絶対にあともう1時間残業しろ」(命令形)に変換されたのです。

 

これは家庭環境で染み付いた、相手の指示に従わないといけないという私の歪んだ思考からでした。

 

 

 

向こうはただ「お願い出来る?」と聞いただけなのに、私は過剰に反応した。

 

 

相手のお願いに対してYES・NO両方の選択肢があれば、そんなに怒る事でもないでしょう。

 

でも私にはYESしかなかったので、強要されたように感じたのです。

 

 

 

 

また、私は普通に断る事が出来ないのだと自覚しました。

 

「お願い出来る?」

「すみません。出来ません」

 

これで良いはずなのに、自分が従わない為には相手を負かさないと・・・と思ったのです。

 

 

YESという選択肢しかない私にとって、それを覆す為には極端な態度しか取れなかったのです。

 

お互いが納得する和解が出来ず、相手をへし折るか自分が折れるか・・・その二択になっていました。

 

 

結局そんな事が続き、その仕事も逃げるように辞めました。

 

 

 

 

同僚から言われた言葉が忘れられません。

 

「いよりちゃん(私)は、結構物事をハッキリ言うからなぁ」

 

これはもちろん悪い意味です。

 

自分が自己主張をする時に、いつも過剰な態度を取っている事に気付きました。

 

 

 

何よりも「この子に言われるなんて・・・」とショックだったのです。

 

その子は、遅刻・当日欠勤の常習犯でした。

 

それでも謝り方・断り方が上手くて、従業員にも特に嫌われずストレスなく仕事をしていたのです。

 

 

 

私は遅刻・当日欠勤なんて1度もした事がありません。

 

一生懸命やってきたつもりです。

 

それでも、最終的には私の方が問題児になる。

 

自己表現が下手で、それと同時に物凄く生きるのが下手だと自分で思いました。

 

 

 

 

 

しんどくなって、友達に話しました。

 

いつも我慢しすぎてしまう。そして爆発する。

 

指示に対して断るべきじゃないと思ってて、だから断りたくて噛みついてしまった、と。

 

どれだけ頑張っても、何もかも自分が台無しにしてしまう。

 

 

 

友達は「え~!なんでそんな事するの??普通に嫌な事は丁寧に断って、上手くやれば良いのに。申し訳なさそうにしていれば、簡単だよ。わざわざそんな態度取らなくても」と言いました。

 

 

本当にその通りだと思います。

 

 

 

でも、私には出来ないのです。

 

言われたら従うか、それに思いっきり反抗するか。

 

それしか出来ないのです。

 

普通に「すみません。出来ません」が言えないのです。

 

 

 

 

ただのお願いが、絶対的な命令に聞こえてしまう。だから自己主張する為には、相手を負かすしかない。

 

この思い込みに問題があるのでしょう。

 

 

 

みんな上手くやれているのに、どうして私だけ損をするんだろう。

 

空回りしている自分にウンザリしました。

 

この頃は、単純に自分の性格に問題があると決めつけ、本当の原因に向き合う事が出来ませんでした。

 

 

 

 

私は余計な経験をし過ぎたのだと思います。

 

親の言う事に服従するだけの青春時代。

 

そして大人になってからも、親に強要された宗教の言いなりでした。

 

ずっと許されなかったNOを言うのが苦手だったのです。

 

 

 

だから過剰に怒りを露わにして言うしかない。

 

NOを言うのは、闘う事だと思っていました。

 

 

 

殆どの人は、NOと言う事に抵抗がないのでしょう。

 

もしNOの言い方が下手だったとしても、もう昔に失敗経験を済ませ、改善しているのだと思います。

 

 

 

人生で言う事が許されなかったNO。

 

だから苦手だったのです。

 

普通になりたい・・・私はいつもそう思っていました。