支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/  生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

MENU

毒親育ちの私。後遺症で首の骨が歪んでいます。

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

 

f:id:umeno_iyori:20201216154807p:plain

 

 

私は、教育虐待と宗教の強要を受けて育ちました。

 

うちの毒親は、過干渉で支配的。

 

 

 

 

そんな過酷な家庭環境で過ごした後遺症は様々あります。

 

そして、身体にも出ているのです。

 

 

 

 

私は昔から肩こり持ち。

 

小学校に入る頃(!)には、もうガチガチでした。

 

大人にも余裕で勝てるくらい。

 

 

 

今までの人生で、肩が凝ってない状態は1度も経験がありません。

 

 

 

 

原因は分かっていました。

 

家庭環境のストレス。

 

だって、小学生でそれ以外ないでしょ。

 

 

 

祖母が「どうしてこんなに肩こりなんだ」とブツブツ言っていましたが

 

 

ストレスだよ・・・
勉強と習い事ばかりしてるから。

 

 

そう心の中では思っていました。

 

 

 

 

 

肩こりで気分が悪くなる事もあり、小学生なのにピップエレキバンが必須。

 

マッサージ店へ通う事もありました。

 

でも、何をしても治らなかったのです。

 

 

 

 

大人になってからも、整骨院に行けば毎回「うちに通っているお客さんの中でダントツNO.1です」と言われました。

 

あ、肉体労働のおじさんに1度だけ負けましたが(笑)

 

 

 

 

どうして、こんなに肩が凝るのか。

 

どうして治らないのか。

 

 

 

不思議で仕方なく、整形外科に行きました。

 

レントゲンを撮ってもらうと、こんな事が分かりました。

 

 

 

 

首の骨が歪んでしまっている。

 

それを庇う為(バランスをとる為)に肩に負担がかかっている。

 

だから、何をしても治らない。

 

 

 

 

改善法はなく、もう運動したりして誤魔化すしかない。

 

本気で治したいなら、手術しかない。

 

そう言われました。

 

 

 

 

 

診断はストレス性の歪み。

 

「長年、相当のストレスがかかっていた」と。

 

 

 

私の体は、長年に渡って半端じゃないストレスに耐えていたみたいです。

 

 

 

 

もう思い当たる事しかありませんでした。

 

まぁ心療内科の先生ではないので、家庭環境の事は話しませんでしたけど。

 

 

 

ちなみに今も肩こり持ち。

 

手術も受けていません。

 

手術は今でも迷っています。