支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/  生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

MENU

毒親育ちの黒い本音 ~私をこんな冷たい人間にしたのは毒親です~

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

 

f:id:umeno_iyori:20201222172003p:plain

 

 

私は、教育虐待と宗教の強要を受けて育ちました。

 

 

 

毒親といた時間は、まさに地獄でした。

 

今は絶縁しています。

 

 

 

数年前までは、共依存状態で親から離れる事が出来ず、良い親子・家族を演じてきました。

 

 

「親を毒親なんて思う自分が悪い」そんな呪いにもかかっていました。

 

 

 

 

でも、私は強くなりました。

 

前の自分とは違うのです。

 

 

 

今の私は毒親・家族に対して何をしても、全く罪悪感がないのです。

 

 

 

毒親と絶縁した後は、今こんな風に自分の経験を世の中に発信しています。

 

 

読んで下さる方も日々増えています。(本当にありがとうございます。)

 

 

 

このブログは、なかなかの毒舌です。

 

言いたい事・思う事を、そのまま書いています。

 

 

でも、罪悪感はありません。

 

 

 

もしこのブログで少しでも救われている方がいるとしたら、うちの毒親は「世の役に立つ毒親」に昇格出来たのです。

 

むしろ毒親には感謝して欲しいくらいです(笑)

 

 

もし私が余命1年だとしたら、名前を出し、顔出し、ブログを書き、YouTubeをして自分の毒親体験を世の中に更に発信しているでしょう。

 

 

家族が恥をかいても構いません。

 

 

 

 

とにかく・・・

 

家族がもうどうでもいいのです。

 

 

興味がない、という意味だけではありません。

 

 

どれだけ困ろうが、不幸になろうが、それでもいいって事です。

 

 

 

 

 

私は絶縁状にボロクソ書きました。

 

ショック死してもおかしくない内容です。

 

 

でもいいのです。

 

別にそうなってもいいと思いました。

 

 

精神を病んでも、それで精神科に通う事になっても どうでもいいのです。

 

 

 

 

 

それは他の家族に対しても同じ。

 

10年後、20年後、親は老人になります。

 

 

 

私は老後の面倒も、介護も一切する気はありません。

 

施設や病院の手続き関係のサイン1つしないつもりです。

 

 

 

弟が全部すればいいと思います。

 

 

これから少子高齢化の時代が来る。

 

正直、施設なんて難しいと思います。

 

自宅介護になる可能性も高いでしょう。

 

 

 

 

そんな状況を想定出来た上で、一切何もしないと決めています。

 

自宅介護が大変な事は、安易に想像出来ます。

 

 

 

弟は仕事と介護に追われるかもしれないし、金銭的にも多少の援助はしないといけないかもしれない。

 

弟に大きな負担がかかるのは、分かっています。

 

介護うつになるかもしれません。

 

 

 

でもそれでいいと思っています。

 

弟がどれだけ困ろうが、どうでもいいのです。

 

 

 

 

あと、親戚にも今後会う気はありません。

 

お世話になった方もいました。

 

恩は返せていません。

 

 

 

そして、私が家族と絶縁した事を悲しむ方もいるでしょう。

 

私を心配して下さる方もいるでしょう。

 

 

 

でも、いいのです。

 

親戚の方達が悲しもうと、私は切る事を選んだのです。

 

 

 

私は親戚をどれだけ傷つけようが、毒親と絶縁したかったのです。

 

そして、毒親に復讐したかったのです。

 

 

 

知ったこっちゃありません。

 

 

自分を守る為なら、身内の誰が悲しもうが気にしません。

 

 

  

 

私は冷たい人間です。

 

でも、私をこんな風にしたのは毒親です。

 

 

 

最初から冷たい人間なんて、きっといない。

 

私には沢山の理由がありました。

 

 

 

今後、どんな状況でも家族に手を差し伸べる事はありません。

 

これらが、毒親に30年耐えた私の答えです。