支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

過干渉型毒親育ちの私が、前向きになった瞬間

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

 

f:id:umeno_iyori:20210615155428p:plain

 

 

私は、教育虐待と新興宗教の強要を受けて育ちました。

 

いつも自分を押し殺して、親の言う事に従う・・・そんな人生でした。

 

 

「家は我慢する場所」だったのです。

 

 

その後遺症は凄まじいモノで、生きづらさを抱えました。

 

育った環境って本当に大事なのだと痛感します。

 

 

 

未だに後遺症と戦い続けている私ですが、昔よりはかなり楽になりました。

 

吹っ切れた瞬間があったのです。

 

 

 

 

親はいつも私の大事な時間とメンタルを奪っていきました。

 

「どうして私の親はこの人なんだろう?殆どの人が良い親に恵まれているのに・・・どうして私だけ。」

 

何百回・何千回も思ってきました。

 

 

 

 

本来なら幸せを貰えるはずの親が、自分を傷つける存在だなんて・・・

 

そんな自分の運命を恨みました。

 

 

 

 

 

早くに離れるべきだったのです。

 

それでも私は30歳を過ぎるまで離れる事が出来ませんでした。

 

共依存・・・だったのだと思います。

 

 

 

でもある時に気付いたのです。

 

「私は、あの親に執着しているのではない。“普通の親子関係”に執着しているんだ、と。」

 

 

 

 

いつか普通の親子関係を経験してみたい。

 

親を心の底から大事だと思えて、何でも話せて、喧嘩も出来る。

 

 

そんな親子関係が欲しかったのです。

 

 

 

 

でも、それと同時に「私には、一生手に入らないモノだ」と自覚しました。

 

だって親は代えられませんから。

 

私にはあの親しかいないのです。

 

 

 

 

だったら、親以外で幸せを見つければ良い。

 

親に恵まれなかった分、大好きな友達を作ればいい。

 

大好きな仕事をすればいい。

 

大好きな趣味を見つければいい。

 

 

 

 

なにも親だけが人生じゃない。

 

他にも沢山の選択肢があるのです。

 

 

そして親は選べないけど、それ以外のモノは自分で選べる。

 

頑張れば手に入れる事だって出来る。

 

 

 

 

私は、自分で自分を幸せにしようと決めました。

 

生まれて初めて見た人間が、敵だったんだ。

 

そもそも自分以外のモノに期待なんてしてない。

 

神様が与えてくれるモノなんて、ロクでもない。

 

 

 

 

だから自分で全部作っていく!そう決めました。

 

親という概念なんて捨て去ったのです。

 

私の人生には必要ありませんでした。

 

 

 

 

私の好きな言葉です。

 

『私の人生は楽しくなかった。だから私は自分の人生を創造したの。』

ココ・シャネル

 

親に捨てられ、孤児院で育ったシャネル。

 

自分を貫いてあれだけ充実した人生を送った彼女は、本当に素晴らしい女性だと思います。

 

 

 

 

楽しくなければ作ればいい。

 

貧乏クジを引いた人生で終わらせない。

 

人生の最後には、親の事なんて忘れて「良い人生だった」と思いたい。

 

 

それが私の目標です。

 

 

 

こんな偉そうな事を言っていますが、まだまだ私も解毒の途中。

 

時間がかかりそうです。

 

でも少しだけ調子の良い日には、こんな事を思えたりします。