支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

お喋りな信者 ~毒親に強要された新興宗教~

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

 

f:id:umeno_iyori:20210223214407p:plain

 

 

 

私は教育虐待ともう一つ、宗教の強要を受けて育ちました。

 

私はある新興宗教の3世です。

 

 

 

※今は脱会済み。

 

 

 

この宗教は世間から嫌われまくっていますが、その理由は信者の常識の無さ・モラルの欠如です。

 

 

 

とにかく押しが強く、他人の気持ちなんて考えない。

 

宗教の為なら何でもする。

 

もちろん常識がある方も沢山いましたが、う~ん・・・な人が一定数いるのです。

 

 

 

 

私も何度も嫌な思いをしました。

 

あるエピソードを書きます。

 

 

 

 

その時、私は転職したばかりでした。 

 

ですが・・・その会社が、めちゃくちゃ変だったのです。

 

 

 

どれだけ変かというと、一年で8人も辞めてしまう。

 

たった2人の枠なんですが(笑)

 

みんな強烈な社長さんに耐えきれずに逃げてしまうのです。

 

 

 

とにかく問題アリな会社に入ってしまったのです。

 

結局半年頑張りましたが、耐えきれず・・・退職しました。

 

 

 

 

 

それを先輩メンバーに話したのです。

 

普段から信頼している人という訳ではなかったのですが、その時ちょうど会う機会が多くて「仕事は?」と聞かれた時に何もかも話してしまいました。

 

 

「そっかぁ、大変だったね」

 

そう言ってくれました。

 

「私もどの仕事も続かなくて、今は親戚の会社で雇ってもらってるの。今の所は〇年続いている。」

 

なんて話をしてくれて、気が楽になりました。

 

 

 

話を聞いてもらったお礼を言って、「この事は誰にも言わないでもらえますか?」と頼みました。

 

というのも、転職先が決まった時に大きな集会で成功体験として発表していたのです。

 

 

 

あんなスピーチしておいて、こんなにすぐ辞めたなんて恥ずかしすぎる。

 

だから黙っておいて欲しい。

 

そう話しました。

 

「絶対に誰にも言わない」そう約束してくれました。

 

 

 

 

はい!でも裏切られるの早かったですよ~!(笑)

 

 

数週間後、他の先輩と話してて

 

「仕事は?」と聞かれたのです。

 

集会でスピーチをしたから、転職した事は知っているはず。

 

だから気にかけてくれているんだろうと最初は思いました。

 

 

 

でも、すぐに辞めた事を隠したい私は「順調です」と嘘をつきました。

 

それでも「毎日仕事は行ってるの?」

 

再度聞いてくるのです。

 

 

 

 

そこで私はピンときました。

 

あ~あの先輩が喋ったなって。

 

だって「毎日仕事は行ってるの?」なんて質問おかしいじゃないですか。

 

 

 

 

「もしかして、〇〇さんから聞きました?」

 

って聞くと、気まずそうに「うん」と答えました。

 

 

なんか聞き方がせこくて「〇〇さんから聞いたんだけど、仕事辞めたんだってね?」って言えばいいのに、こちらから言わせようとするのが姑息というか・・・

 

そのくせ聞き出すのめっちゃ下手くそ。(笑)

 

 

 

 

でも、何よりも人の事をペラペラ喋った先輩に腹が立ちました。

 

 

あれだけ、黙っておいてって言ったのに!

 

電話して文句の一つでも言ってやろうかと思いましたが、やめました。

 

 

 

その先輩には滅多に会わないけど、そのお母さんには集会でしょっちゅう会うのです。

 

文句を言えば面倒な事になる・・・

 

だからもう自分の中で消化する事にしました。

 

 

 

こんな被害に遭ったのは私だけではありません。

 

でも結局みんな、飲み込んでしまうんですよね。

 

だから非常識なメンバーの行動は周知しているけど、話し合いになる事はない。

 

 

 

そして被害に遭った人は、もう二度と同じ目に遭いたくないので何も話さなくなる。

 

実際、私もこれが原因でその先輩には何も話さなくなりました。

 

 

 

 

私、思うのです。

 

こんな小さな約束も守れない。

 

そんな人は、もっと大きな約束も守れないだろうと。

 

 

そして、本当に黙っておかないといけない事も話してしまうだろうと。

 

 

 

 

 

この宗教は世界一!

 

この宗教を広めるのが私達の任務!だなんて世の中に貢献するような言い方をしていますが、現実はこうです。(貢献もしていないしね・・・)

 

 

 

 

噂話が大好きで、約束も守れない。

 

世界どころか、身近な人にも信用されない。

 

とてもじゃないけど、人間が出来ているとは思えませんでした。

 

 

お手本になる方が、本当にいなかったのです。