支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

親は選べない ~過干渉型毒親育ちです~

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

f:id:umeno_iyori:20210925162050p:plain

 

 

世間にはこんな風潮があります。

 

「全ての原因は自分にある」

 

 

これも確かに一理あると思う。

 

何事も自分が選択した結果起きた事が圧倒的に多いでしょう。

 

 

 

 

でも、毒親の話になると私は全く共感出来ないのです。

 

だって親は選べないから。

 

 

 

世の中のモノ、殆どは自分で選べる。

 

でも親は違う。


親ガチャという言葉が話題になっているみたいだけど、どんな親に当たるかは運命に任せるしかない。

 

 

 

 

それを

「自分にも原因があるんじゃない?」

「もっと出来る事があったんじゃない?」

 

そう言われるとたまったもんじゃない。

 

自分でそう思うならまだしも、他人に言われると本当に悲しい。

 

 

 

 

でも残念ながら世間は被害者に冷たいのです。

 

加害者を責めずに被害者を責めたてる・・・毒親育ちの人なら、嫌というほど経験してきたでしょう。

 

 

 

 

 


私は教育虐待と新興宗教の強要を受けて育ちました。

 

典型的な過干渉型毒親でした。

 

 

 

楽しい青春時代なんて知らない・・・そんな私に浴びせられた言葉。

 

「勉強がしんどいってどうして言わなかったの?」

「きちんと話せば親も分かってくれたはず」

「誰かに助けを求めたら良かったのに」

「どんなに強要されても、宗教なんてしなければ良かったのに」

「いくら親が強要したからって、最後にその道を選んだのは自分でしょ?」

 

 

 

人から散々言われたし(同居していながら見て見ぬふりし続けた祖父母にまで言われた)、自分自身も自分を責めてきました。

 

 

 


確かにそうだと思う。

 

どんなに教育虐待をされても逃げる方法はあったかもしれないし、宗教だって逃げれたかもしれない。

 

宗教に関しては、大人になってまでする必要なかったでしょう。おかげで30歳で脱会するまで膨大な時間を無駄にしてしまった。

 

 

 

 

 

でも仕方ないでしょ・・・そんな環境で生まれてしまったのだから。

 

 

親が強いる異常な教育を受け入れる事・宗教を受け入れる事が私の精一杯だったのです。


不器用だったとしても、それが私の出来る最大限だった。

 

 

 

どうしろって言うのよ。

十分頑張ってきたんだよ。

頑張りすぎるくらい、頑張ってきたんだよ。

 


今更、~たら~ればの話をしたって仕方ない。

 

 

 

 

私は家族の生贄だったのです。

 

 

親にとっては理想の子育てをする為の。

祖父母にとっては、息子(父親)が機嫌良くいる為の。

弟にとっては自分に害が及ばない為の。

 

 


私は自分の役割をしっかり分かっていたし、家庭内の雰囲気が少しでも良くなる為に頑張ってきた。

 

私さえ我慢すれば家族は円満。そんな状況をひっくり返す勇気なんてなかったのです。

 

 


私が一番間違っていたのは、こんなクソみたいな家族の為に自分を犠牲にした事と、1秒でも早く捨てなかった事だと思います。

 

 

 

 

親は選べない。

 

そんな中でも頑張ってきた毒親育ちは沢山います。

 

ずっと嫌な事に耐えてきて青春時代を潰され、今も後遺症と闘いながら生きているのです。

 

 

 

 

本当、生きてるだけで偉い。

 

それなのに世間って冷たいですよね。

 

 

 

 

私だって、あの親じゃなければ・・・

 

出来る事なら「親が嫌い」なんて感情を持ちたくなかったし、いつまでも恨みつらみを持っていたい訳じゃないです。

 

普通の親なら、ちゃんと親孝行したかったし年老いた親を世話してあげたかった。

 

 

 

でも仕方ないよ・・・ハズレを引いてしまったんだもん。