支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

「今日こそ死んでくれないか」子供の頃に思っていた親への本音。 ~過干渉型毒親育ちです~

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

f:id:umeno_iyori:20210919164216p:plain




毒親育ちが経験する辛さは、凄まじいものです。

 

 


「あの経験があったから、強くなれた。」

「幸せになる為に、必要な経験だった。」


私はそんな言葉が大嫌いです。

 

 

 

ましてや「あの経験があって良かった」なんて絶対に言いたくありません。

 

 

 

恵まれない環境で育ったからこそ反骨精神で大逆転しろ、みたいな世間の風潮も嫌いです。

 

 

 


辛い経験は自分を弱くし、トラウマ・後遺症を残すだけです。

 

それでも「強くなれた」と思えるのは、本人が頑張ったというだけの話。

 

 

 

 

私はもし、反骨精神でこの先どんなに幸せになれても、成功してお金持ちになれても

「毒親の元に生まれて良かった」

なんて絶対に思いません。

 

 

そんな言葉で済ませられるような、そんな美談に出来るようなレベルの話ではないからです。

 

 

 


私が子供の頃に思っていたこと。

 

 


とにかく親にいなくなって欲しい。

 

 


今日こそ死んでくれないか。

今日こそ事故にでも遭ってくれないか。

今日こそ誰かが親を刺してくれないか。

 

 

 

でもそんな願いは叶わず、

 

 

 

 

 

・・・あぁ、今日も帰ってきたのか。

明日からもこんな日が続くのか。

 

 


親さえいなくなれば、こんな辛い日々から解放されるのに。

 

施設に行くなり、他に親になってくれる人が現れるかもしれないのに。

 

 

 

 


これが本音です。

 

これが現実です。

 

 

 


子供は健気だから、それでも親に好かれようとする。

親の期待に応えようとする。


大人になってからも、なんとか歩み寄ろうとしました。

 

 

 

それでも、私の根本的な思いは変わりません。


「親なんていなくなればいいのに」

 

ずっと思っていました。