支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

理不尽すぎる役職の条件 ~新興宗教3世でした~

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

 

f:id:umeno_iyori:20210210154602p:plain

 

 

 

私は教育虐待ともう一つ、宗教の強要を受けて育ちました。

 

ある新興宗教に、生後1カ月で入会。

 

 

 

 

「この宗教に逆らったら罰が当たる」

 

幼い頃からそう言い聞かされた私は、罰が当たらないように・・・不幸にならないように・・・30歳まで活動を続けます。

 

 

※今は脱会済

 

 

 

この宗教には“役職”がありました。

 

会社で言うと、部長・課長のようなモノです。

 

 

 

 

役職と言っても限られた人だけがなる訳でもなく、細々とした役職が沢山ありメンバーの大半は何かしらの役職があった気がします。

 

そして、一人いくつもの役職を受け持つ事もありました。

 

 

 

 

私は、一番小さな役職にずっと就いていました。

 

今回は、それに追加で任命された役職の話。

 

 

 

 

結論から言うと、私はそれを断っています。

 

 

「役職は断ってはいけない。

“はい、喜んで”が基本。」

そう教えられていました。

 

 

この宗教に逆らえば不幸になる。その言葉に怯えていた私は、「役職も断ってはいけない」そう思っていました。

 

 

 

 

 

それでも断った理由は、その役職の条件。

 

その役職だけは、何だか特殊なのです。

 

 

 

条件

 

・髪は黒髪

・髪は肩まで

・旅行に行ってはいけない。(遠方の実家に帰省なども含まれる)どうしてもやむを得ない時は事前に報告

・彼氏は作ってはいけない

 

 

 

他の役職は一度引き受ければ半永久的なのに対して、確かこれは期間限定でした。

 

と言っても何カ月も、人によっては何年も任務に就くのです。

 

 

 

 

なんか、厳しい学校の校則みたいですね・・・

 

頑固な私。

 

まぁ~納得がいかなかったのです。

 

 

 

 

せっかく自由な大学生になったのに、髪色・髪型について言われるなんて・・・

 

 

私こういうの大嫌いなんです。

 

 

 

 

あと、旅行についても納得がいきませんでした。

 

そして、何よりも納得がいかなかったのが“彼氏を作ってはいけない”という条件。

 

 

 

「こんなの、おかしいです」先輩にもそう言いました。

 

「でも、この宗教の為だよ。この宗教をさせて貰える有難さに比べたら、こんな規則を守る事なんて大した事じゃないよ。」

 

 

 

普通に断れば良かったのですが、なんせこの宗教が怖い。

 

自分の我と、宗教に対する恐怖心に挟まれていました。

 

 

 

 

我はあるのに、貫くまでは出来ない・・・そんな状態です。

 

何度も先輩に相談し、条件の理不尽さを訴えました。

 

 

・・・普通に断ればいいのにね。

 

 

しかも自分を役職に就かせようとする人に相談するなんて、この辺がアダルトチルドレンらしいです。(分かる方いらっしゃるかな?)

 

 

 

昔から親の言いなり。そして次は宗教の言いなりになっている私にとって、最終的に自分で決める勇気が持てなかったのです。

 

 

ただ、元々我は強い。

 

私もなかなか折れませんでした。

 

 

 

 

 

私にはその時、付き合ってはいませんでしたが好きな人がいました。

 

その話もしました。

 

 

 

「多分付き合う事になるので、この役職は受けれません」と。(笑)

 

すると「彼の事は仕方ない。縁があったらまた出会えるから」

 

 

はぁ?

 

自分がいないから、面白くないだけだろ??

 

 

 

元々そんな雰囲気がありました。

 

この役職関係なしに、常日頃から「彼氏は作るな」という圧力があったのです。

 

 

 

女性は恋愛にハマりやすい、宗教活動に支障が出るので恋愛はするな。

 

役職の条件も、同じ理由からでした。

 

 

 

 

でも、私には分かっていました。

 

自分達に恋人がいないから、後輩に恋をして欲しくないのだと。

 

 

現に既婚者や恋人がいる人には、何も言われた事がありません(笑)

 

 

⇩詳しくは

 

 

 

 

綺麗事ばかり言う先輩にも腹が立ち、言い返した事もありました。

 

すると、

 

「別に、絶対に黒髪なんて言ってないよ!

ロングヘアーの子もいるし!!

内緒で彼氏がいる子だっているから!!」

 

 

 

 

はぁ??!

 

いつもこうなんですよね。

 

散々好き勝手言っておいて、抗議したら「あくまで強制はしていない」みたいな。

 

 

 

 

それは卑怯でしょ?

 

だって私が逆らわなかったら、強制してたでしょ?

 

 

 

 

また「黒髪が納得出来ない」という私に対して、 自ら黒髪にした先輩もいました。

 

その時は優しさかなと思いましたが、今考えると怖いですね。

 

 

 

 

最後、父親に相談しました。

 

すると父は意外と

 

「じゃあ受けなくていいんじゃない?

規則は規則。それは変えられないよ。

それが受け入れられないなら、断るしかない。」

 

そう言いました。

 

 

 

 

あ、そっか・・・

 

何だか納得して、断りの連絡を入れました。

 

 

 

 

ちなみに、この時恋をしていた相手とは付き合えませんでした(笑)

 

でも、その人がいなかったら私はこの役職を受け入れていたかもしれません。

 

 

 

 

この役職を一番最初に勧められたのが、大学生の時。

 

その後一人暮らしで2度引っ越しをしていますが、両方の地域でも声を掛けられました。

 

 

 

・・・有難い役職なんて言いながら、やりたい人がいないんじゃない。

 

そして断っている人も、そこそこいるとの事でした。

 

 

 

 

 

本当におかしな宗教ですね。

 

宗教なんて、気が向いた時に手を合わせるモノでいいのにね。

 

こういう面倒な事が多いから、活動家なんてほんの一部でした。

 

 

 

宗教について記事を書く時に必ず言いますが、親がこんな宗教をしていなかったら・・・私に強要しなければ・・・

 

 

こんな苦労なんてせずに済んだのです。