支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

「途中で辞めるな。最後までやり切れ」毒親の洗脳

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

 

f:id:umeno_iyori:20210413160857p:plain



 

 

私は幼少期から大学受験が終わるまで、教育虐待を受けていました。

 

週6で習い事。中学受験も強制されました。

 

 

 

親は私に一言も相談せず、いつも「来週から〇〇習うから!」と勝手に決めました。

 

逆らえば怒られる・・・親の命令は絶対で、服従するのが当たり前でした。

 

 

 

 

でも自分で決めた事ならまだしも、親が勝手に決めた事なんて全部続く訳がありません。

 

途中で辞めてしまった事もありました。

 

 

 

そんな時に親が言った言葉

 

「お前は何をしても続かない。中途半端だ。」

 

今考えると「親が勝手に決めた事を全てこなせ」ってどれだけ自分勝手な親なんだと思います。

 

 

 

 

でも、当時は「自分はダメな人間だ」と自分を責めていました。

 

自分は何も出来ない。何もかも中途半端で甘い人間なのだ、と。

 

子供ながらに十分頑張っていたと思いますけどね・・・

 

 

 

 

親の言う事は正しいと思っていた(思わざるを得なかった)私は、「途中で辞めるな」という言葉が呪いとして自分の中に残りました。

 

大人になってからも、何かを途中で辞める度に「また辞めてしまった・・・」と自分を責め、更に自信を失いました。

 

 

 

とんでもなく変な会社でも「辞めてはいけない」と思い、体調がおかしくなるまでしがみ付く。

 

それでも辞めたら自己嫌悪。

 

 

些細な趣味程度の事でも気軽に辞めれない。

 

自分で自分を罰するようになりました。

 

 

 

 

 

ガチガチの状態なので物凄くしんどかったのですが、最近ある人にこう言われました。

 

 

 

「途中で辞めるな。最後までやり切れ」って・・・どこまでしたら最後なの??

 

野球をしている人は、プロの選手になるまで辞めてはいけないの?

 

ピアノをしている人は、プロの演奏家になるまで辞めてはいけないの?

 

そんな訳ないよね。

 

世の中の殆どの事が、中途半端な状態で辞めると思うけど

 

 

 

目から鱗でした。

 

確かに・・・

 

最後までって、その最後っていつなんだ?

 

プロになるまで?

 

日本一になるまで?

 

世界一になるまで?

 

そんなの終わりがないし、そんな必要ないよね。

 

 

 

 

なんだか、フッと気持ちが楽になりました。

 

 

親が言っていた「最後までやり切れ」という“最後”も親の気が済むまで・・・という意味だったのだと気付きました。

 

 

 

 

結局、「理想の子育てをしたい」「子供を思い通りにしたい」という毒親の常套句だったのです。

 

 

 

自分が勝手に押し付けて、子供が思い通りに出来なかったら罵倒する。

 

しかも自分が得意な事でもないのに。

 

 

 

最低ですね。

 

こんなの愛情ではありません。

 

 

 

 

こんな風に親にとって都合の良い洗脳は沢山あって、私を縛り続けています。

 

1つ1つ気付いて、片をつけていくしかなさそうです。