支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/  生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

幸せそうな信者がいない~毒親がハマる新興宗教のメンバーに対して思ったこと~

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

 

 

f:id:umeno_iyori:20200914123149p:plain

 

 

宗教ネタはTwitter・ブログ共に反応が薄いのは分かっているのですが(笑)

 

今回はその宗教のメンバーについて書きたいと思います。

 

※今日はいつもにも増して毒舌です。

 

 

 

 

 

 

私は生後一カ月で毒親がしていた新興宗教に入会。

 

ずっと強要され、洗脳されてきました。

 

 

 

「この宗教を捨てたら不幸になる」

 

幼少期から言い聞かされた言葉が原因で、私は30歳まで活動を続ける事になります。

 

私も早く目が覚めれば良かったのですが、どうしても怖かった。

 

⇩詳しくは

 

 

今は無事脱会しています。⇩

 

 

 

 

上記の毒親の言葉で「不幸になりたくない!死にたくない!」

 

その気持ちだけで宗教にしがみ付いてきたのです。

 

正直、幸せになれるなんて微塵も思っていませんでした。

 

 

 

 

だから「この宗教で幸せになるぞ!」と言っているメンバーの事も冷めた目で見ていました。

 

私は、不幸にならない為に活動しているだけ。(それでも、外の人からしたら十分異常ですけど)

 

こんな風に心のどこかは冷静で、その組織の内部を見てきました。

 

 

内部というのは、一緒に活動するメンバーの事です。

 

色々思う事がありました。

 

 

 

 

 

メンバーの中には良い人もいる。

 

有り得ないくらい非常識な人もいる。←多分、世間でこの宗教が嫌われる1番の原因ですね。

 

 

そんな中で私が1番感じた事。

 

 

幸せそうな人がいない・・・!!!

 

 

若い人はその年齢なりの楽しさがあるので、あまりそういう風に思った事はないですが(非常識な人も殆どいませんでした)

 

 

まぁ~おばさんで幸せそうな人がいない!

 

※今は私もおばさんですが、当時20代の私から見た「おばさん」とします。

 

 

 

これから自分が近づく年齢層に、幸せそうな人がいないって結構きついです。

 

 

集会に若い人は殆ど来なくて、年寄りばかりでした。

 

口を開けば、

 

「体調が悪い」

「この前、しんどくて病院に行ってきた」

「悩みで夜も眠れない」

 

 

夫婦仲もあまりうまくいっておらず、世に言うダメ男と結婚してしまった方が多かった・・・

 

不倫、DV、モラハラ・・・世の中の夫婦問題が集約されている感じでした。

 

結婚のイメージがめちゃくちゃ悪くなりましたよ(笑)

 

 

 

 

そんな話ばかり聞いてたら、こっちまでしんどくなってきて(笑)

 

どうして20代の若い時期からこんな話を聞かされないといけないんだ・・・。

 

 

 

そして着ている服はボロボロ、髪の毛ボサボサ。

 

近所とはいえ、人の家にお邪魔してるんだからもっと綺麗にしてきたらいいのに・・・

 

 

 

 

すごく失礼な言い方ですが、みんな貧乏で気持ちの余裕もない感じでした。

 

お金=幸せじゃないですが、お金がないのが幸せでは絶対ないですよね。

 

 

 

「この人達、いつ幸せになるのだろう?」

 

 

何十年も頑張ってきてるのに、これ?

 

負のオーラで部屋がいっぱいだと感じ、気分が悪くなる時もありました。

 

老若男女が集まる集会では、帰りはいつもグッタリでした。

 

すごく体力を奪われるのです。

 

 

 

 

 

私もあんな風になるの・・・?

 

 

 

でも、宗教の方針としては

 

「私を見て!!そういう気持ちでお誘い(勧誘)しましょう!!」でした。

 

 

 

 

え・・・見せない方がいいんじゃないか?(笑)

 

隠した方が・・・。

 

あの人達を見て、入会しようとする人がいるのでしょうか。

 

 

「この宗教のおかげで金持ちになった」

 

「この宗教のおかげで健康になった」

 

そんな人達ばかりなら、喜んで入会する人もいるでしょう。

 

 

 

でも、そんな人誰一人いない。

 

朝から晩まで自転車で走り回って、活動に人生の殆どを捧げてきたのに

 

結果がこれ?

 

この人達、あの世で幸せになろうとしてるんだろうか?

 

 

 

 

なんせ、何とも言えない“負のオーラ”だったのです。

 

笑いながら話しかけてくれるのですが、なんだか背筋がゾクッとしました。

 

そういった話を聞く度に、不幸オーラが出ているのです。

 

笑っている時の方が・・・不幸そう(笑)

 

 

 

 

少なくとも自分がなりたい人物像ではありませんでした。

 

「楽しい人生」「幸せな毎日」「充実した日々」なんて雲の上にあるようでした。

 

 

 

 

基本的にメンバーの悪口はタブーでしたが

 

めちゃめちゃ仲の良い後輩とだけは本音を言い合った事があります。

 

 

「この宗教で幸せになった人を見た事がない。

この宗教をしていたら貧乏になるんだろうか?と思う時がある。」

 

そう打ち明けてくれました。

 

 

やっぱり、思っているの私だけじゃないよね・・・

 

黙って頷きました(笑)

 

 

 

 

組織では、

 

「この宗教をしていない人の方が幸せそうに見える事もあるかもしれない。

 

でも、あれは心の奥底からの幸せではなくて表面的なモノだ。

 

絶対にこの宗教しか幸せになれない。

 

数年後に圧倒的な差がつく!!!」

 

 

 

え・・・じゃあ、おじいちゃん・おばあちゃんは?

 

まだその時期じゃないの?(笑)

 

明日“その時期“が来たとして、あと何年味わえるの?

 

活動してきたウン十年は絶対に取り戻せないでしょ。

 

 

 

それに、自分達だけ特別だなんて厚かましいなと思いました(笑)

 

結局何も手に入らないから、「心の幸せ」なんて曖昧な言葉でメンバーを惑わせるのでしょう。 

 

 

 

この宗教が~・教えが~どうとかじゃない。

 

「こんな風になりたくない・・・!」

 

私はいつもそう思っていました。