支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/  生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

MENU

毒親がハマる新興宗教にいた“常識のない信者“

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

 

f:id:umeno_iyori:20201027160316p:plain

 

 

 

私は教育虐待ともう一つ、宗教の強要を受けて育ちました。

 

普通の宗教ではありません。

 

カルトと言われる世間で嫌われまくっている宗教です。

 

 

 

 

生後1カ月で、入会。

 

「幸せになれるのは世界中でこの宗教だけ」そう言われて育ってきました。

 

 

 

結局30歳まで活動を続けてしまうのですが、その原因になったのは毒親からの言葉でした。

 

 

「この宗教から離れると不幸になる。バチが当たる。実際、亡くなった人もいる」

 

 

 

 

こんな事を幼少期から言われると・・・本当だと信じてしまったのです。

 

 

 

 

流石に、この宗教で幸せになれるなんて思ってない。

 

むしろ冷静にメンバーの人達を見ていました。

 

 

 

 

 

でも、バチが当たるのは怖い。

 

集会も全部参加しなきゃ・・・

 

もはや脅されながら活動してる状態でした。

 

 

 

 

 

そんな私に転機が訪れたのは、30歳(独身・一人暮らし)の時の引っ越し。

 

前の家は家賃が高くて、安い所に引っ越しました。

 

(と言いつつ、正直組織のメンバーに嫌気がさしてました。)

 

 

 

引っ越しをすると、地域が変わるので籍が移動します。

 

その間は宙ぶらりんの状態で、集会含む全ての活動がお休みになります。

 

 

 

 

全く活動がない状態。

 

その時に「やっぱりこの宗教はおかしい」そう思いました。

 

お休みがあったので、冷静になれました。

 

集会が週に何度もあったのは、考える時間を与えない為だったんだ・・・と気付きました。

 

 

 

 

新しい地域の人から連絡が来て

 

「1度お会いしたい」と言われましたが、断りました。

 

「電話も辞めて欲しい」「訪問も辞めて欲しい」「連絡手段はメールだけにして欲しい」そう伝えました。

 

 

どちらにしろ、もう組織での活動はしたくなかったのです。

 

だから電話番号も変えて、前の組織の友達とも疎遠になっていました。

 

 

 

 

そんな時にある事件が・・・

 

前の組織の友達から手紙が来たのです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

連絡がつかなくて心配しています。

 

どうしても連絡が取りたくて、〇〇さん経由で住所を聞きました。

 

個人情報なのに勝手な事をしてすみません。」

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

〇〇さんとは前の組織の直属の先輩。

 

 

 

つまり、その友達が〇〇さんに相談→○○さんが新しい組織の人に連絡して、住所を聞いたのでしょう。

 

 

その友達は凄く良い子で大好きだったので、心が痛みましたが・・・

(音信不通になった事も申し訳ないと思っていました。)

 

 

 

 

いやいや・・・勝手に住所を教えたのはダメだろ・・・

 

 

 

新しい(現住所)組織の人に怒りの電話をしました。

 

集会にも参加してないし、訪問も断っていたので面識はありません。

 

 

 

 

私「あの・・・私の住所、勝手に教えました?私が前にいた組織の〇〇さんに。」

 

相手「はい~・・・そうなんです。教えてくれって言われて。」

 

私「それってどうなんですか?勝手に個人情報教えるって・・・」

 

相手「でも、同じ宗教の方でしょ?」

 

私「いやいや・・・関係ないでしょ。常識で考えたら。」

 

相手「え~そうですか?」

 

 

私「あなたなら、相手が男性でもこの宗教の人じゃなくても勝手に教えそうなんですけど・・・!」

 

相手「あ~・・・」(否定はしない。本当にやりかねない反応)

 

 

私「あなたも勝手に個人情報教えられたら嫌でしょ?」

 

相手「私は全然!平気です」

 

私「あなたは平気でも・・・」

 

という私の言葉を遮って

 

 

 

相手「何かあったんですか?!」

 

私「話すわけないでしょ?」

 

相手「何かあったんですか?!」

 

二度目。

 

 

 

私「話す事はありません。」

 

相手「あまり人の気持ちを考えれない人なんですね。」

 

 

どっちが・・・

 

 

 

相手「分かりますよ。私もこの宗教から離れていた事があります。でもやっぱりこの宗教がないとダメでした。」

 

私「今そんな話してません」

 

 

 

 

・・・そうでした。前の組織の人は常識ある方が多かったので忘れてました。

 

この宗教、個人情報は喋りまくる。

 

連絡がつかないと家の前で居座る。

 

換気扇が回っているかで在宅を確認する。

 

外部の人には勧誘しまくる。

 

そして、常識がなさすぎて話が通じない

 

 

そんな人達でした。

 

そして何故が自分達は皆のお手本だと勘違いしてる。

 

こっちからすると“ザ・なりたくないオバサン”なのに。

 

こんな理由で世間から嫌われまくっているのです。

 

 

 

 

相手「いつかあなたも活動したくなりますよ」

 

私はトドメの一言を言いました。

 

「いや・・・一緒に活動する人によるでしょ。」

 

 

 

 

うっ・・・となったのか

 

相手「・・・分かりました。今後は連絡先を教えたりするのは辞めます。では。」

 

と言って電話を切りました。

 

 

 

 

 

その後、宗教は脱会しました。

 

 

 

毒親の元に生まれてなければ、こんな宗教に関わる事もなかった。

 

いちいちイライラさせられる事もなかった。

 

こんな毒親のせいで嫌な思いをしたエピソードは数えきれないくらいあります。

 

 

 

嫌な思いばかりさせられた事。

 

時間を無駄にされた事。

 

 

 

私はやはり毒親を許せません。