支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

【新興宗教3世の暴露】宗教の常套手段 “考える暇を与えない“

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

 

f:id:umeno_iyori:20210224192833p:plain 

 

私は、教育虐待と宗教の強要を受けて育ちました。

 

 

「この宗教から離れたら不幸になる。亡くなった人もいる」

 

幼い頃にそう言い聞かされた私は、不幸になるのが怖くて30歳まで活動を続けました。

 

 

※今は脱会済み

 

 

 

ある新興宗教の世界を30年間見てきました。

 

 

とにかく、信者を操るのが上手いですね。

 

流石、多くの信者を取り込んだだけあるなと思います。

 

 

色んな方法がありますが、今回は「考える暇を与えない」について説明します。

 

 

 

 

かなり毒を吐きますが、まぁいつもの事なので温かく見守って下さい(笑)

 

 

 

宗教側にとって立派な信者とは、この宗教の発展の駒になってくれる人材

 

その為にも、信者には服従していて欲しいのです。

 

思考停止して何も考えず、言われた事に真面目に取り組んでいて欲しいのです。

 

 

 

 

その為に考え抜かれたであろうスケジュール。

 

とにかく、限界まで集会を入れまくる。

 

 

集会の他にも、打ち合わせなんてモノもありました。

 

もちろん、先輩には後輩を監視させる。

 

 

そうすれば考える時間がなくなる。

 

考える暇を与えず、行動させる。

 

 

 

理不尽に思ったり、しんどいと思う隙を与えない。

 

絶対に立ち止まらせない。

 

 

 

次から次へと、ノルマがあるのです。

 

集会に、布教活動。

 

 

〇日までに友達に勧誘しましょう。

 

〇人の友達に、この宗教の素晴らしさを伝えましょう。

 

次の集会に友達を連れて来れるように、声を掛けましょう、など。

 

 

 

とにかくノルマを絶やさないのです。

 

何人に声かけ出来たのか、報告も義務付けられていました。

 

 

 

活動がない時は、家で祈りましょう!

 

これで完璧ですね(笑)

 

 

 

 

 

 

人間、動いている間は悩まない。

 

この心理を悪用していました。

 

 

 

 

私が脱会をするきっかけになったのも、引っ越しの為 数ヵ月宙ぶらりんの状態・・・

 

つまり活動をしない期間があったからです。

 

その時に「この宗教おかしい」と気付き、宗教を手放す決意をしました。

 

 

 

活動がなければ、宗教の異常さに短期間で気付くのです。

 

そんな簡単なモノなのに、あまりにもノルマを課されるので考えれなくなるのです。

 

 

 

 

そして恐ろしいのが、綿密に計算されている集会の頻度。

 

信者がこの宗教の異常さに気付かず、でも限界で逃げ出してしまわないように絶妙なスケジュールなのです。

 

 

 

大きな集会があった後は適度な休み(活動がない期間)があるなど、上手い事なっているんですよね。

 

この宗教が長年かけて、身に着けたスキルなのでしょう。

 

 

 

 

本当に上手いです。

 

流石、巨大団体になっただけあります。

 

 

 

それ以外にも信者を逃さない方法があるのですが、それはまた今度。