支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

信者仲間 ~元新興宗教3世です~

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

 

f:id:umeno_iyori:20210517182354p:plain 

 

私はある新興宗教の3世です。

※今は脱会済み。

 

信者仲間の事は何度か書きましたが、今回は特に一緒に行動する事が多かった同世代の仲間の話をします。

 

 

 

ちなみにこの宗教は世間から嫌われまくっていますが、常識があって良い人も多いです。

 

確かに非常識な人も多いですが・・・。

 

この表現が的確かと⇩ 

 

 

 

組織は地域によって区切られているのですが、同世代の人達とも沢山出会います。

 

色んな理由があって、宗教以外の友達とは少しずつ疎遠になっていくので宗教仲間といる時間が自然に増えます。

 

 

私は比較的良い仲間に恵まれた方だと思いますが、ここからが私の本音。

 

 

もし時間が戻るなら、友達にはならなかったかな・・・

 

まぁ時間が戻るなら、そもそも宗教をしていませんが。

 

 

 

信者仲間とは集会自体が週3~5回あるので、かなりの頻度で会います。

 

仲良くなれば集会後にご飯に行ったり、集会がない日も遊んだりするのですが・・・

 

色々難しいのです。

 

 

 

 

 

この宗教には門限があり、その時間には家に帰らないといけないのです。

(もちろん宗教以外の友達とは自由。あくまで信者仲間との話)

 

この校則みたいなのが面倒なのです。

 

 

 

暗黙の了解として同い年くらいの仲間なら門限関係なく遊ぶ事もありましたが、後輩は決まった時間までに絶対送り届けないといけない。

 

もう20歳をとっくに過ぎた大人同士なのに・・・。

 

わざわざそんな面倒な門限を気にしてまで、付き合う必要あるの?という感じ。

 

 

 

また、あまり仲良くしすぎても「ただの友達じゃないんだよ。あくまで宗教の仲間だという事を自覚して」なんて言われてしまう。

 

そんな小うるさい事を言われてまで、仲良くする意味もないかと。

 

 

 

 

ただうちの組織は仲が良すぎて、ベタベタでした。

 

誰かが結婚するとなったら、結婚式に参加して余興までして送別会をして・・・

 

 

正直ベタベタしすぎて、しんどい時もありました。

 

仲良くしないといけない・・・そういう強迫観念があった気がします。

 

でも、そんなの上手くいかないモノ。

 

 

 

 

そもそも気が合っていたのかすら謎です。

 

会っても宗教の話か、芸能人のゴシップ、あとは結婚が~子供が~という妄想だけの生産性のない話。

 

つまり、話題がない人達が無理矢理話すような内容ばかりでした。

 

話す事がないから、天気の話をしてるみたいな(笑)

 

 

会っても毎回、同じ話を繰り返すだけ。

 

どれだけ無理に付き合っていたのか分かります。

 

 

 

 

そしてこのブログで何度も書いていますが、この宗教にはやはり憧れる人がいなかったです。

 

「こうなりたい」そう思う人がいませんでした。

 

宗教という要素を除くと、決して「友達になりたい」タイプではなかったです。

 

 

 

宗教の繋がりとはいえ、信者仲間とはもちろん楽しい事も沢山あったし救われた事もありました。


でも他で出会っていたら友達にはならなかったと思います。

 

選んで友達になったというよりも、宗教というコミュニティで知り合ったという感じ。

 

 

 

 

相手がどうとかではなく、宗教を除いて自由に生きる事を基準とするなら無駄な付き合いでした。

 


その中でも宗教関係なしに友達でいたいと思った人は2人だけいたけど、脱会後やはり宗教に目を瞑って付き合えないので切りました。

 


結局、私には何も残りませんでした。

 

宗教活動をしていた時間を、普通の友達との交流に使えていたら・・・

 

大事な20代が勿体ない。

 

本当に後悔しかないです。

 

 

 

この宗教をしても、何も手に入りません。

 

時間を奪われるだけです。