支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

もう組織での活動はしない ~元新興宗教3世です~

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

f:id:umeno_iyori:20210916153551p:plain



 

私は元新興宗教3世です。

 

生後一か月で入会し、30歳で脱会するまで活動していました。

 

バリバリの活動家だったと思います。

 

 

 

ある時に、引っ越しをする事になったのです。(一人暮らし)

 

引っ越しをすれば所属する組織が変わるのですが、私にはある思いがありました。

 

 

もう組織での活動はしない

 

 

 

集会にも参加しないし、メンバー同士で交流もしない。

 

 


自分だけでやる。

家で好きな時に祈ればいい。

 

 

人間関係で悩むのも、非常識な奴らの相手をするのも、監視されるような生活も、組織に縛られる生活もウンザリ。

 

 

 

 

今までも引っ越しの度に考えた事ではあったけど、結局組織についてしまった。

 

でも今回は本気。絶対に譲らない。

 

 

それだけ沢山嫌な思いをしてきました。

 

 

 

決めたら頑固な私。

 

この集会だけは参加しようか・・・

数人のメンバーだけなら仲良くしようかな・・・

というグレーゾーンも絶対に作らない。

 

 

1ミリでも許したら終わりのゲーム(笑)

1許したら100踏み込まれる気がしたのです。

 

 

 

 

この時点では、祈る事だけは捨てませんでした。

 

「捨てたくなかった」というよりも、生まれた時からしている事だから手放す選択肢がこの時はなかったのです。

 

 

とにかく、何にも縛られない自由な形で宗教がしたかったのです。

 

 

 

 

 

もう組織での活動はしない。

 

そうは言っても、籍は転居先に移動させないといけません。

 

 

 

直属の先輩と、この話について長電話したのを覚えています。

 

自分の決意を伝えました。

 

 

 

先輩「自分ひとりで家で祈ってるだけではダメ。組織につく事が大事なんだよ」

 

 

そんな説得にも「この宗教の組織につく限り、人間関係のせいで絶対に幸せにはなれません」と言い返しました。

 

 


今まで積極的にその先輩の手伝いをしてきました。

真面目で良いメンバーだったと思います。

 

そんな私の反抗期!

先輩は困り果てていました。

 

 


先輩には悪いけど、絶対に譲れない。

 

引っ越しはある意味、一大チャンス!!

 

組織での自分の在り方を見直せる。

 

 

 


先輩は最後に「分かった」と言ってくれました。

 

「もし気が変わったら、自分のタイミングでまた組織で活動すればいい」と。

 

 


そして向こうの組織の人にも「基本的に放っておいてあげて欲しい」と伝えると約束してくれました。

 

・連絡はメールのみで電話はNG
・集会には誘ってくれるな
・急に家に来るな
・どんな活動をするのかは本人に任せる


もはや「近づいてくれるな」と言わんばかりの主張。

 

 

 


この宗教の悩みって殆どが人間関係・組織のしがらみなのです。

 

それらを築きたくないと思うのは当然。

 

私もそうでした。その悩みを断ち切りたい!!という私の強い抵抗でした。

 

 

 

今思うと脱会へのカウントダウンが始まっていた気がします。

 

引っ越しした後、私は有言実行で組織の人とは一切関わらず(一度も会っていない)、集会にも参加しませんでした。

 

 

 


そして、数か月後には宗教自体を手放したのです。