支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

MENU

毒親育ちの苦しみ~自由にしている他人が許せない~

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

 

f:id:umeno_iyori:20200922205953p:plain

 

 

私は過干渉な親に育てられました。

 

教育虐待と宗教の強要。

 

 

 

自分の意見なんて言えた事がなく、いつも親の言う事を聞く。

 

親に怒鳴られるのが怖くて、どれだけ辛くても我慢してきました。

 

 

 

そんな生活が当たり前。

 

私の青春時代は、親の課するノルマをこなす日々でした。

 

 

 

 

私にとって、家は「我慢する所」でした。

 

そしていつの間にか、こんな感情を持つようになります。

 

 

 

自由にしている他人が許せない・・・

 

 

自分で決めて、行動している他人を見てイライラするのです。

 

 

自分はこんなに我慢しているのに・・・そういう気持ちでした。

 

 

他人が甘く、楽をしているように見え、自分の置かれている環境があまりにも理不尽に思えたのです。

 

 

 

 

「みんなは学校の宿題が終わったら遊べるんだ」

 

「みんなは神社やお寺に行った時に普通に手を合わせて良いんだ」

 

「みんな夏休みを思いっきり楽しんだんだ」

 

 

 

もちろん、それは自分から見た他人の表面的な部分でしかありません。

 

でも、本当に他人が羨ましかった。

 

 

 

自分の家以外なら、どの家でもいい。

 

他の家の子になりたい!そう思っていました。

 

 

 

正直、大人になってからも「自由にしている他人が許せない」・・・この感情は少なからず残っています。

 

最近はマシになってきましたが・・・

 

 

 

 

毒親の刷り込みで

 

・嫌な事から逃げてはいけない

 

・他人(親)の言う事を聞かないといけない

 

・自分の意見は押し殺さないといけない

 

 

そんなルールに縛られていました。

 

それをいとも簡単に破っている他人を見ると、イライラする事がありました。

 

 

 

もちろん、他人が悪い訳じゃない。

 

 

完全に私の問題です。

 

自分が自分に対して「自由に行動する事」を許していませんでした。

 

 

 

自分に不自由を課していると、他人が自由にしているのを許せなくなる。

 

 

 

その解決法は1つ。

 

自分に自由を与えてやる事。

 

 

自分で決める自由

 

自分で考える自由

 

自分で行動する自由

 

 

全て毒親に奪われてきたモノです。

 

 

 

自分は好きに生きたかった。

 

まず自分の気持ちに向き合うべきでした。

 

 

少しずつ取り戻していきたいと思います。