支配的な毒親に30年苦しんだ私が地獄から生還するまで

自分の親が毒親か見極めたい/毒親から解放されたい/  生きづらさを解消したい/そんな方に伝えたいブログ

MENU

毒親育ちの私が抱える“生きづらさ“

こんにちは。

毒親育ちの梅野いより(@umeno_iyori)です。

 

 

 

f:id:umeno_iyori:20201223135040p:plain

 

 

 

私は、教育虐待と宗教の強要を受けて育ちました。

 

 

 

毒親は支配的で過干渉。

 

習い事も進路も宗教も、何もかも決められました。

 

 

 

私は親が決めたノルマをこなす人形であり、奴隷でした。

 

私には人権なんてありませんでした。

 

 

 

どうして親の言う事を聞いたのか?

 

私が意に反する事をすると、親は怒鳴り散らす。

 

それが怖かったのです。

 

怒られたくなかったのです。

 

 

 

普通親が怒るのは、「してはいけない事をした時」つまり礼儀やモラルの問題が多いと思います。

 

でも、うちは殆どが「親の言う通りにしない時、こなせない時」でした。

 

 

 

親が家にいるだけでビクビクする・・・

 

私にとって、家はしんどい場所でした。

 

 

 

そんな私は大人になって、当然生きづらさを抱えました。

 

 

 

 

 

こんな癖がついてて、上手く行く訳がないのです。

 

 

 

自分を愛してくれる恋人が出来ても、無条件の愛なんて信用できない。

 

だって、昔から勉強が出来ないと・・・宗教を頑張らないと・・・愛して貰えなかったから。

 

だから、そんな大切な人を突き放す。

 

なのに自分の害になる人は受け入れる。

 

 

 

 

 

 

人間関係も苦手。

 

だって友達と遊んできてないから。

 

付き合い方なんて分からないのです。

 

 

 

子供時代に築くであろう基礎の部分が出来ていないのに、大人になって「うまくやれ」なんて無理です。

 

いきなり応用をこなせ、そう言われているようなモノです。

 

 

 

相手に嫌われないように、相手の機嫌ばかり伺う。

 

「関係を構築する」のではなく、「相手に従う」ようになる。

 

「相手は自分と遊んでくれている」と思う。

 

 

 

親と服従関係でしかなかった為、それ以外が分からないのです。

 

 

 

 

自分のやりたい事が分からない。

 

だって、自分の意見なんて言わせてもらえる環境じゃなかったから。

 

 

 

親の言う事に従う一択だったから。

 

もしやりたい事が見つかっても、「自由に行動する」事自体に罪悪感がある。

 

 

 

それどころか、自分の気持ちを持つ事さえも罪悪感があります。

 

「~したい」そんな簡単な気持ちも、持つのに抵抗がある。

 

 

 

 

 

「嫌だ」「やめたい」一番言わせてもらえなかった言葉です。

 

 

 

好きに生きようとする程、頭の中で声がする。

 

「やめとけ」

「そんな事をしてはいけないよ」

 

 

 

自由に行動する事=悪。自分勝手。

 

誰か(元は親)の言う事に従うのが正しい。

 

 

 

そんな思考になってしまったのです。

 

 

 

 

例えば、ブラック企業で働いているとします。

 

毎日サービス残業、休みもなし、毎日罵声を浴びせられている。

 

 

 

転職して、ホワイト企業にいけた。

 

残業はなし、土日休み、人間関係も良い。

 

 

 

そんな環境に急に身を置いても

 

「こんな待遇受けていいの?

 

自分がダメになるんじゃないか?

 

自分は甘いんじゃないか?」

 

あまりの環境の変化に、逆に抵抗がでてくるはずです。

 

 

 

まさに私がこんな感じ。

 

大人になって、「自由」を許されても、罪悪感があるのです。

 

 

 

ずっと耐えていないと、我慢していないと「自分はダメなんじゃないか」と思ってしまうのです。 

 

 

 

 

 

生まれた時から、常に何かに縛られている感覚でした。

 

自分の人生なんて生きていませんでした。

 

 

 

そしてその“我慢”を辞めようとした時、糸が切れました。

 

自分の中で抑え込んできた辛さ・悔しさ・悲しさが一気にこみあげてきました。

 

 

 

昔からあれだけ我慢して、頑張ってきたのに全く楽になんてならない。

 

苦労が苦労を呼ぶ、そんな事の繰り返し。

 

 

 

「私の人生って何なんだろう」

 

そう思うと、死にたくなりました。

 

 

 

自殺する事ばかり考えるようになりました。

 

早くこんな辛い人生を終わらせよう。

 

1日でも長く生きると、苦しさが増えるだけ。

 

 

 

そう思ったのです。

 

 

 

 

 

毒親に浴びせられた毒は、簡単には消えません。

 

頑張らないと消えません。

 

 

 

また、頑張らないといけないのです。

 

どれだけ頑張っても、健全な親育ちの子と同じようにはいきません。

 

 

 

毒親育ちは、ずっと苦しまないといけない。

 

悲しい事実です。

 

 

 

でも、私はもう少し生きてみようと思います。

 

今から人生を取り戻そうと思います。

 

 

 

あの時死ななかった。

 

それには何か意味がある気がするのです。